すんちゃんの小生日記

主にモンスターハンターフロンティア(以下MHF)についての記事を書いていく・・ハズ。しょうもない身内話だったりしますが何卒よろしくお願い申しあげます。

あなたの一押しの一冊はなんですか?

 ブログ更新してたら
 第921回のテーマがそれだったんで 
 ふと、ある一冊を思い出した小生です。

 今回小生の一押しの一冊は

精霊の守人

 ↑の「精霊の守り人(もりびと)」です。

 初版は1996年、10年以上も前の書籍です。
 おととしくらいに守り人シリーズとして
 話題になり、アニメ化・コミック化した
 正統派ファンタジー・・ですかね?

 もともと児童文学書として発売されたので
 小学校の図書館なんかには多分置いてあると思われます。
 
 この書籍と出会ったのは小生がまだ
 走るだけで楽しく感じ、人生の荒波に揉まれる前の
 ピュアでいたいけな小学生の頃です。

 もともと活字が苦手で当時少年ジャンプの全盛期
 だったことも関係し、マンガばっか読んでいました。
 当然、親に「マンガばっか読むとバカになるわよ」
 (活字読んでもバカになりましたけどね~ニョホホー)
 言われ、学校の図書館で手に取ったのがこの書籍でした。

 その頃はたしかハリーポッターとか発売されてたと思うんですが
 これに比べるとハリポタなんて所詮・・w
 (ハリポタふぁんの人ゴメンナサイゴメンナサイ(。>0<。) )
 
 ストーリー的には、
 この本の世界は大陸に国々が存在し、下々のものが
 農業や商業をしながら税を納めるといった背景。
 魔法のもっと低レベルな呪術や剣などが活躍する世界。
 そのとある国の第二皇子がその身に精霊の卵を宿し
 この世のものではない魔物のたぐいに襲われ
 なおかつ親でもある帝に追われるのを
 本編の主人公である女用心棒のバルサが
 ひょんなことから皇子を追手から守っていく物語です。

 ま~ありがちな話ではありますがw
 
 なんというか
 人の隠しきれない悪いところや
 大人の汚さ、かしこさ
 おろかな行いや考え
 命の大切さなどの描写がすばらしいです。
 そういう書籍はたくさんあるとは思いますが
 上述したようにこの本は児童書です。
 児童書ということは対象者は小学生以下ということになります。
 それを対象にそういったことを書き、
 なおかつ伝えるのは難しいことだと思いますが、
 この作者は実にわかりやすく描いております。
 

 小生はのめりこみました。
 正直最近もこの本読みましたw
 新潮社・・だっけかな?
 文庫化したものが発売されています。

 今になって読み返してみると
 すんげー読みやすい!!
 元が児童書なだけあって
 文章簡単だし、回りくどい表現ないしで
 あっさり読めます。
 司馬遼太郎とか福井晴敏などの難しい文体
 を読んでる人なんかはビックリするくらい
 楽に読めます。
 
 この第一作目の精霊の守り人がヒットし、
 守り人シリーズとして9冊があとに続きます。
 それぞれまったく違うお話ですがすべての作品に
 それぞれの登場人物が関係していきます。
 
 興味がある人は読んでみてはどうでしょうか?
 
 
 
  1. 2010/03/12(金) 16:08:23|
  2. 日記
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2
<<あべし! | HOME | 祝祝祝(★☆蒼空☆★)な日々>>

Comments

僕のおススメの一冊はドラゴンボールです♪
  1. 2010/03/12(金) 22:43:17 |
  2. URL |
  3. 礼志 #xv6hrlWs
  4. [ Edit ]

ま~オススメではあるが・・・
久々にアニメのピッコロと悟空で免許取りに行く回見たくなったわw
  1. 2010/03/16(火) 21:35:15 |
  2. URL |
  3. すんぴぃ #-
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://sun7435.blog31.fc2.com/tb.php/26-6988d25a
Use trackback on this entry.